お得なキャンペーン実施中!

★オンラインショップからのお知らせ

この度は数ある商品の中から「ソフトテニス上達革命」をお求めいただき誠にありがとうございます。

「ソフトテニス上達革命」は発売以来、たくさんの方からご支持を頂き、皆さまのおかげで弊社商品の中でも特に人気の高い商品としてご愛顧いただいております。

そこで今回、日頃のご愛顧に感謝の気持ちとして今なら『キャンペーン価格で大幅割引!』これだけおトクな内容は公式サイトからのお申込みだけ!購入するなら今がチャンス!

今回のキャンペーンは公式サイト限定での内容となっておりますので、この機会をお見逃しなく!

\ 今だけ!キャンペーン実施中 /

キャンペーン詳細はこちら

※キャンペーンは予告なく終了する場合がございます。

ご注意

こちらの「ソフトテニス上達革命」は公式ショップ以外でのお取扱いはございません。模造品・類似品にはお気をつけください。またこちらのご案内は公式通販サイトからのご購入のみの適用となります。公式通販サイト以外からのご購入分は適用されませんのでご了承願います。

 

ソフトテニス上達革命とは?

野口先生を一躍有名にしたのは日野市立日野第二中学校(日野二中)のソフトテニス部での指導実績でしょう。

野口先生が日野二中のソフトテニス部顧問になった当初、学校にはなんとソフトテニスをプレーするためのコートすらなく、部員は全員が初心者という状況でした。

練習しようにもまともにできませんから、近所の公園を使って練習をしていて苦情が入ってしまったこともあったそうです。

そんな初心者集団だった日野二中のソフトテニス部ですが、なんと野口先生が指導を始めて2年目に東京都の新人戦にて女子が個人戦で優勝、団体優勝を果たし、男子は団体4位の実績を残すことができました(その結果があって、学校にはようやくソフトテニスのコートができたそうです)。

野口先生が赴任した当初は想像もできなかったでしょうが、その後に全国制覇まで果たしています。学校を移って文大杉並の指導者となった後も快進撃は続きました。

教え子が高校3冠、インターハイ個人・団体ともに2連覇、国体2連覇、皇后杯では67年ぶりとなる高校生による優勝という快挙を成し遂げていますから、野口先生の指導方法が確かだということが分かります。

では、どんな指導をしていたのでしょうか?
その答えは、圧倒的に効率の良い指導法にあります。

野口英一先生の経歴

950年東京都生まれ。東京学芸大学卒。ソフトテニス指導者。

日野市立日野第二中学校(日野二中)に赴任した際に、学校にソフトテニスのコートすらない環境で未経験の生徒を指導。そんな状態から指導を始めて2年目、都新人戦にて女子が個人戦で優勝、団体優勝を果たし、男子は団体4位の実績を残す。

その後、1994年には都道府県対抗女子優勝、1997年全国中学校大会女子団体3位、1999年全国中学校大会男子団体優勝、さらに2000年には個人戦でも全国中学校大会男子個人にて3位などの実績を挙げた。

2003年から文化学園大学杉並中学・高等学校(文大杉並)のソフトテニス部監督に就任。日野第二中学校での指導経験をもとに高校でも指導を行ない、同校を32年ぶりの選抜優勝に導き、国体2連覇、インターハイ団体、個人ともに2連覇など数々の実績を上げる。

教え子の林田リコ選手、宮下こころ選手は高校2年生で高校3冠を達成(選抜、インターハイ団体と個人、国体にて優勝)し、翌年にはインターハイ個人・団体で2連覇、国体2連覇に加えて67年ぶりの快挙となる高校生による皇后杯制覇という快挙を成し遂げた。林田選手は全日本シングルスで高校生初の決勝進出も果たしている。

加えて、国内外のトップ選手が集まる国際大会YONEXCUP2017 国際ソフトテニス札幌大会にて3位の成績を残した。

ソフトテニス上達革命はこんな人におすすめ!

こんな人におすすめ

  • 速いボール、狙ったコースにボールが打てない
  • 学校のレベルが低く顧問の先生も素人で、どうしたらうまくなるのか分からない
  • どんな練習メニューが効果的なのか分からない
  • 顧問になったはいいものの、ソフトテニスは素人で指導方法がまったく分からない

\ 今だけ!キャンペーン実施中 /

キャンペーン詳細はこちら

※キャンペーンは予告なく終了する場合がございます。

Copyright© KURASHISU | 暮らしやすさを変えていく , 2020 All Rights Reserved.